谷川流足圧は親子の絆を深める技法です

img_7958

親子で足圧をされている生徒さんは多々おります。

親子で足圧を習得するメリットは限りなくあります。

私は両親が共に58歳で他界しました。

両親に足圧をよくやった記憶があります。

両親が入院していた時は、さすがに病院のベットで足圧は無理があり、手技で行いましたが、両親が亡くなる寸前まで足の裏を揉んだ記憶があります。

亡くなる前の人は会話がよく聞こえる。

と聞いたことがあります。

なので、きっと私の両親も足の裏を揉まれていたら気持ち良いはず。

なんて勝手に思いながら、両親の足の裏をひたすら揉み続けました。

当時、父親の時私が27歳、母親の時私は31歳です。

両親が亡くなった時、私の中で誓った事があります。

それは、将来未だ見ぬお弟子さん達に、悔いがないくらい両親に足圧を行って欲しい。

そして、足圧を通して親子のコミュニケーションを深めてもらいたい。

という誓いです。

そんな誓いを立て始めた当アカデミー

案の定、生徒さんは【両親に足圧を行なっています】【奥さんに足圧を行なっています】【恋人に、娘に、息子に、おじいちゃん、おばあちゃんに、恋人に】等々、大切な方々に足圧を行なってくれています。

これは私が一番やりたかった事です。

現に私も週一はこのように娘に足圧を行なっています。

img_7825

今回の生徒さんは親子で足圧を習得してくれております。

img_7955

今回の生徒さんの目的は【親子で足圧を行いあいたい。】

img_7957

という事です。

息子さんは誰もが知っている有名大学1年生。

img_7954

ご主人さんは私と同じ年。

ご主人さんは【奥さんに足圧を行なってあげたい、そして私の運動不足解消にしたい】

という事です。

息子さんは【お父さん、お母さんに足圧を行なってあげたい】

といった目的です。

親子の絆を感じさせてくれている今回の生徒さん。

img_7956

なんとも微笑ましく、嬉しい限りです。

明日も頑張っていきましょうね。

The following two tabs change content below.
谷川 仁
足圧を始めて今年で27年目になります。北は北海道から南は奄美大島まで600名の生徒さんが卒業し、谷川流足圧を日本に普及させています。 足圧を学びたい方へ
谷川流足圧は親子の絆を深める技法です
この記事をお届けした
足圧ボディケアアカデミー 谷川流足圧スクールの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事のシェアOK☆